So-net無料ブログ作成
検索選択

犬の歯磨きについての体験談募集!

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





さて、今日から新しいテーマを取り上げていきます。

それと、前回のメールで行った「犬のお灸に関するアンケート」の

結果発表もさせていただきます。







まずは新しいテーマから。











-------------------------------------------------------



いつもメルマガ、大いに参考にさせて頂いています。

ありがとうございます。



特にアロマやお灸などは、

人にも共通して参考になる部分が多いので、とても興味深いです。





ところで、諸橋さんは、

愛犬ぐりちゃんの歯磨きはどうされてますか?





我が家の愛犬は、小さい時から噛み癖がありまして、

口周りを触るのにかなり時間を要しました。





今では何とか歯ブラシコットンを口の中に入れさせてはくれるのですが、

おやつ片手で歯磨きをしてるのか、汚してるのか・・苦笑





歯磨き方法って、案外病院などでは教えてくれないですよね。

なので、他の皆さんはどうされてるのかとても興味があります。





(ままにんじんさん)





-------------------------------------------------------





ままにんじんさん、ありがとうございます。





デンタルケアについては

多くの飼い主さんが関心を持たれています。







メールマガジンで取り上げてほしいテーマとしても

良くメールを頂戴します。







アロマやハーブなどを使って愛犬のデンタルケアが出来ないか?

と言ったご相談もよくいただきます。







それだけ多くの方が関心を寄せてくださっているテーマだと

私自身も感じているので

今回、「デンタルケア」のついて書かせていただくことにしました。









まず、こちらのご質問からですが…。











>ところで、諸橋さんは、

>愛犬ぐりちゃんの歯磨きはどうされてますか?







私は使い捨ての「歯磨きシート」なるものを使っています。











ペットキッス 歯みがきシート

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&452m1







ホームセンターで売られていたものですが

指にくるりと巻いて、気になるところを直接指でごしごしできるので

気に入って使っています。





使い捨てなので、衛生的なところ

何より後始末が楽なところが良いな、と思っています。







我が家のぐりももう8歳でシニア期に入ってきました。







一時的に口臭がきつくなったことがあり

獣医さんに見ていただいたところ、

部分的に奥歯に歯石が溜まっているのが分かり

その場で専用器具で取っていただきました。







以来、その歯石が溜まっていた部分を「溜まりやすいポイント」として

重点的に歯みがきシートで磨くことにして

あとは歯磨きガム等を噛ませることで対応しています。







余談ですが、獣医さんに歯をチェックしていただいた際に

びっくりしたことがあります。







それは奥歯の「歯随」が露出していたことです。







「歯随」…つまり俗に言う歯の神経のことですが





「えーーー!歯の神経出てて痛くないんですか!!」





とびっくりしてしまいました。







獣医さん曰く:







「シニアの犬には結構あります。

 実は僕の犬もそうなんです。





 人間の場合、歯の神経が露出したままでは

 痛みで日常生活そのものがままならなくなりますが

 犬の場合は結構平気で普通に生活しています」







とのこと。







我が家のぐりも、固いガムなんかは喜んで食べていますので

そうなのか…と私自身、非常にびっくりした次第です。













「歯随が露出していることで、

 医学的にはじゃあそこから感染症等が起こるのでは?という

 考え方になります。



 ではどうするか?というと、全身麻酔をして抜歯する等が選択肢にあげられますが…。





 …個人的にはそこまでいくと”過剰な医療”になってしまうと

 僕は感じています」











「なので、うちの犬もそうしていますが

 自分の犬だったらとりあえずそのまま様子をみます」







私のかかりつけの獣医さんはそういう考え方の先生で

私もその考え方に賛成でした。









なので、歯石が付かないよう、歯磨きシートでケアしながら

様子を見守っているという状態です。







おもちゃのボーン、コング、ガム、木の枝、

がりがりと楽しそうにやっていますしね。







というわけで、我が家の場合は「歯磨きシート」を使用しています、が

回答となります。







ぐりは決して楽しそうに歯磨きはさせてくれませんが





「あきらめる」





と言う能力も高い犬なので

あきらめつつ、渋い顔で歯磨き自体はさせてくれます。







我が家の場合はこのような感じです。









そして、次のこちらの内容ですが…。











>歯磨き方法って、案外病院などでは教えてくれないですよね。

>なので、他の皆さんはどうされてるのかとても興味があります。



 





歯磨きと言うテーマは多くの方が悩んだり

どうしようか?と情報を求めているテーマでもあります。









そこで○○さんにお願いです。







○○さんご自身が、普段どのようなやり方で

愛犬のデンタルケア、歯磨きに取り組まれているか

メールでお寄せいただけないでしょうか?







犬の性格や、歯磨きが好き、嫌いによって

歯磨きの道具の選び方、やり方等

様々だと思います。







このメールマガジンには現在、

約2,700名の読者のみなさんがいらっしゃいますので

多くの方から





「我が家の場合はこうしています」







と言う実体験をお寄せいただけますと幸いです。







○○さんの体験談をお寄せいただき

メルマガ読者の皆さんとシェアさせていただくことで

他の同じ悩みを抱える飼い主さんのお役にたちます。









ぜひ、メールでご自身の体験談をお寄せください。

ご協力いただけますと嬉しいです。







また「実は私も同じように悩んでいます!」と言うメールでも結構です。







メールフォームよりお送りくださいね。









●メールフォーム

(募集は〆切りました)















本日は以上です。









あ、アンケートの集計結果は「追伸1」にて。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

お灸の熱をより「やわらかく」して犬の体に届ける方法。

○○さん、こんばんは。

Office Guriの諸橋直子です。





さて、今日は「犬に実際にお灸をする場合の注意点」をお話ししますね。





犬に棒灸を使用するという前提でお話しします。





●棒灸

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&450m1





棒灸というのは「もぐさ」が棒状になっており、

その先に火をつけて使用します。







そのもぐさを専用のカップ状の器具に差し込んで使用します。





カップ状の器具には「安全具」と呼ばれる金網がついているので

犬の体に灰が直接こぼれる、という心配はありません。





また、犬の体と棒灸の距離を自由に調節できるので

犬1匹1匹に合わせて「心地よい温度」を調整してあげられるのも

利点です。









そして…実際にお灸をする場合ですが…。









http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&450m2







この写真にあるように、棒灸と犬の体の間に「布」を1枚当ててあげると

より安全に行うことができます。







この布を軽く濡らして絞って当てることで、お灸の熱が

よりやわらかい「湿熱」とうタイプの熱に変化すると言われています。





そのため、初めてお灸を犬に行う場合は

安全な棒灸を使い、さらに熱をよりやわらかな「湿熱」に替えて

じんわり犬の体の芯まで温める、という方法を試してみてください。









「ふむふむ。なるほど、犬の場合はとにかく優しくお灸を、ということですね。



 ところで諸橋さん。

 インターネット等でよく”びわの葉温灸”というのを見かけます。

  

 あれって何なんでしょうか?



 あと、枇杷の葉エキスなんて言うのも売ってるんですが

 枇杷の葉に何か特別な効果があるんでしょうか?」







はい、お灸と枇杷の葉の組み合わせは

犬のお灸でも良く用いられる組み合わせです。







次号のメールでは





>枇杷の葉に何か特別な効果があるんでしょうか?





と言う部分について、詳しくお話をしていきますね。









本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

犬のお灸、初心者さんにお勧めの「お灸をあてる場所」はここ!

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





さて、今日はいよいよ「犬のお灸をどこにするか?」について

お話をしていきます。







と、その前に…。





-----------------------------------------------------------





昨日ご紹介したOffice GuriのFacebookアプリ





「ワンコの性格五行占い」について



「Facebookのアカウントが無いと見られないのですか?」



と言うご質問を数件いただきましたので

それにお答えしておきますね。





【回答】

アプリで遊んでいただくにはFacebookへのご登録が必要です。

アカウントをお持ちで無い方は無料で作成できますので

ご自身で作成をお願いしますね。











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&449m1







*もしやってみて「面白い!」と思ったら

 是非コメントを添えてお友達にご紹介ください!



 たくさんの方にこのアプリを知っていただけるよう

 ご協力をお願い出来れば幸いです。





-----------------------------------------------------------





さて、ここからいよいよ本題に入っていきますね。





初心者の方にもトライしやすいお灸の場所は





背中







となります。







実は背骨の両脇に沿って、内臓とのかかわりが深いツボが

いくつも並んでいるんですね。





例えば…。







●肺愈

●心愈

●肝愈

●脾愈

●腎愈

●大腸愈







などなど。







つまり、背中の背骨に沿って、じんわりとお灸を当てていくことで

これらのツボをまんべんなく温めることができる、ということになります。







そして実際にやってみると…こういう風になるわけですね。











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&449m2







というわけで「初めて犬にお灸をする飼い主さんは、背中に当てる!」から

スタートしてみてください。







次号では、実際にお灸を行う際の注意点についてお話ししていきます。









本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

号外:あなたのワンコの【裏】性格をチェックするアプリ登場!

○○さん、こんばんは。

Office Guriの諸橋直子です。





本日は【号外】として





●Office Guriの新作Facebookアプリリリースのお知らせ





です。







あなたの飼ってるわんちゃんの性格を

東洋に古くから伝わる「陰陽五行説」に基づいて占います!

「あなたのわんちゃんの隠れた性格を占う!?」







【ワンコの性格五行占い】







の配信が本日スタートしました。







このメールマガジンでも、「ツボ」「薬膳」などをテーマに

お届けするケースが過去に何度もありましたが

そうした考え方の基礎となっている考え方に





「五行説」





というものがあります。







これは、世の中のすべての現象、事象を「五行」という

5つのエレメントに分類するという考え方です。







例えば「五臓六腑」という言葉がありますが

中国の古典医学である「中医学」では

内臓もこの「五行説」に当てはめて分類しているんですね。







そこから病気の治療法を考える指針になったりもしますし

薬膳でどういう食材を取ると体のサポートになるか、などを導き出せる

非常に便利なマトリックス表みたいなもの、と

私は考えていますし

セミナーでもそう言うお話をしています。







実際にセミナーに参加された方は、





「へー!五行ってそう考えるのか!」





「独学では分かりにくかったですが、

 そういうことだったんですね!納得です!」





と「五行がしっくりきた」というご感想をいただくのですが

なかなか本などだけでは確かに理解しにくいのが

「五行説」でもあるんですね。









そんな「五行説」を楽しく遊べるFacebookアプリで

身近に感じていただけたらいいな!という願いも実はこめて

今回作成しています。











簡単な質問に答えるだけであなたのわんちゃんが現在

「五行説の中の5つのエレメント」のどの性質が

現在強いか?を占います^^

















「うちの犬は【木】の性質が強そう…そうかだからあのとき…」





「うちの子は【金】の性質が強いかも…だから私がああいう叱り方をすると…」









と言う風にちょっとした「裏性格」が垣間見れるようなアプリになっていますので

ぜひ遊んでみてくださいね!











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&448m1







*もしやってみて「面白い!」と思ったら

 是非コメントを添えてお友達にご紹介ください!



 たくさんの方にこのアプリを知っていただけるよう

 ご協力をお願い出来れば幸いです。













本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)







犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

犬のお灸は「犬専用製品」を買った方がいいですか?

○○さん、こんばんは。

Office Guriの諸橋直子です。





さて、今日は犬にお灸をする際にお勧めの







●棒灸







についてお話ししますね。









棒灸とは一体どんなものか?と言いますと…。













http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&447m1









このサイトの下の方に「ペットに」という項目があるのですが

黒い犬が1匹、リラックスしてお灸をしている写真が載っています。









このお灸の良いところは、「もぐさ」が棒状になっており

それを「身体から離した状態」で当てて

体を温める点です。









このやり方だと、直接もぐさを体に載せるタイプのものより安全です。









また、「棒灸」と「犬の体までの距離」を犬の様子を見ながら自由に調節できるので

その子に合った「ちょうど良い心地よさ」を

見つけてあげられる点もいいですね。







「犬用のお灸で無くて大丈夫でしょうか?

 犬用のお灸というのもネット通販等で見かけるのですが…」









はい、犬用のお灸でも、今回ご紹介した人間用のお灸でも

どちらも同じ棒灸ですので大丈夫ですよ。









犬用とされる棒灸は、人間用と比べると価格が高いケースが多いです。

また、犬にお灸をしやすいよう「アーム」などのパーツが付いていることも多いので

そういうパーツがどうしても必要だ!という場合は

犬用をお求めになるといいと思います。









私はセミナーなどでも人間用の棒灸で「せんねん灸の棒灸」を

お勧めすることが多いです。









これだと、飼い主さんも兼用で使えるのと

値段が犬用と比べると、手ごろです。









すべてがセットになっている「A型」がお勧めです。











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&447m2









「なるほど~。

 お灸の効果、犬用のお灸は何がいいか、どこで手に入るか?はよくわかりました。



 ところで、実際には犬にお灸ってどうやったらいいんでしょうか?

 どこに当てたらいですか?」











犬へのお灸のやり方や、初心者の方でも当てやすいツボについては

次号のメールで引き続きお話しさせていただきます。











本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

「お灸にも色々ある」~味噌灸の話。

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





昨日の北海道はものすごい雷雨でした!

雷が何度もスパークして

部屋がそのたびに明るくなるような、ものすごい閃光でしたね。





友人の家の犬は、今年の雷雨ですっかり雷の音が嫌いになってしまい

雷がひどい日は友人のベッドにもぐりこんでくるそうです。





「怖い」と言う思いが、あとあと長引かないといいですね。









さて、今日はいよいよ「犬にお灸をするための道具」について

お話をしていきます。







その前に…「お灸にも色々あるんですよ」と言う話と

「動物、特に畜産の分野では結構お灸を活用しています」というお話を。







----------------------------------------------------------------





牛のお灸について:



家畜の民間療法としてのお灸は、

農家自身が手軽に行える治療法として知られ、

現在でも実践する農家は少なくありません。





多くの場合、発情微弱の繁殖障害や食欲不振の消化器障害の治療として

行われ効果を発揮しています。





ここでは、牛へのお灸について紹介します。







1 お灸のメリット

お灸は、



【1】発情微弱

【2】分娩後の後産停滞

【3】分娩後の子宮回復の遅れ

【4】起立不能等の繁殖障害や

【5】食欲不振

【6】下痢

【7】鼓張症等の消化器障害





などに効果があるといわれています。





特に、和牛の繁殖経営では、

いくら血統の良い母牛を飼っていても子牛を生まなければ経営は成り立ちません。





そのため、発情が不鮮明な牛へお灸をし、受胎率を高めることは分娩間隔の短縮に直結し、

経営改善に役立ちます。





(新潟県農業普及情報ローカルネットワーク資料より)

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&446m1





----------------------------------------------------------------





「犬にお灸!?」というとびっくりされる方が多いのですが

人間が長年治療等に使ってきたという歴史があり…。







それにプラスして、牛や馬などのいわゆる「産業動物」と呼ばれる動物の場合、

体調を良くして元気な子牛を生んでもらうこと、

体調管理をして、荷物等をちゃんと運んでくれるようコンディションを整えておくことが

畜産業に従事する人たちにとって「死活問題」となります。







そのため、動物へのお灸の歴史は意外と古く、

それが現代でも活用されており

畜産関係の専門家の間でも推進されている、ということが

さきほどご紹介した資料、





http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&446m2





からもおわかりいただけるかと思います。







牛のような大型動物だと「味噌灸」という面白い方法で

お灸をすることが多いですね。







「味噌灸」というのは、味噌を牛の体に塗り

その上に「もぐさ」を置いて火を着ける、というやり方です。





味噌をある程度厚く塗ることで、牛のやけど防止にもなり

万一牛が動いても、もぐさがぽろり、と牛の体から落ちて

やけどをする、という危険を防ぐのにも役立ちます。







実際に味噌灸を体験している牛の写真も公開されています。















http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&446m3





いかがでしょうか?







「へ~、動物へのお灸って

 実は結構昔からやっていて、畜産の世界でも意外と取り入れられているのね!」





と感じていただければと思います。









では犬の場合はどうしたらいいのでしょうか?







犬は牛よりは体が小さいです。





さらに言うと、動きも激しいですね。









もしちょっとでも熱かったりしたら





「ちょちょちょちょちょっとおおおおお!

 何すんのよ!熱いわよ!!」







と怒って逃げ出しそうですし

走って逃げたり、ジャンプされたりすると







「もぐさを体に直接乗せる」









と言う方法だと、ご家庭では行うには無理がありそうですね。







こうした安全面を考えて犬に最適なお灸は?と考えると

私は「棒灸」をおすすめします。









「棒灸ってどういうもの?」



「どこで買えるの?」







こういった具体的な内容について

次号のメルマガで引き続きお話ししていこうと思います。











本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

犬のお灸を何故「ツボ」にすえるのか?そもそも「ツボ」って何?

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





北海道は完全に季節が秋になりました!

犬の食事にもかぼちゃが加わり

夏野菜はだんだんと食事に加わる量が少なくなってきています。





これからは、体を温める系の食材をどんどん取り入れて行く感じです。





さて、今日は少し間が空きましたが

引き続き「犬のお灸」をテーマにお話しして行こうと思います。







これまでのバックナンバーはこちら。











■知らないと結構怖い!?犬の「冷え」のお話

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&445m1







■寝た切りの場合でも可能な「犬の体を温める方法」

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&445m2







■犬の体の”深部”を温める「お灸」

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&445m3





■お灸の温熱は犬にも「じんわり」届きます。

http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&445m4







さて今日はいよいよ「ツボとは何ぞや?」とうお話をしていこうと思います。





お灸は基本的に「ツボ」にすえるものです。







ただ、「ツボ」と言われても…そもそもツボって一体何なの!?

と思われる方も多いと思うんですね。







私自身も「犬のツボマッサージ」を学び始めたころ



「うーむ」



と唸ってしまったので。







「ツボ」と言うものがおぼろげでも理解できると

「お灸にはそうか、こういう効果があるのか!」と

飼い主さんが納得して行えるようになります。





そのことが、より「犬へのお灸」を効果的に行うことにつながります。









「ツボ」は中国の古典医学である「中医学」では





●経絡(けいらく)





の上に点在していると考えられています。







経絡と言うのは、生き物の体の中にある目に見えない「エネルギーの運行ルート」のようなものだと

ざっくり理解してください。







経絡の中には、以下の3つが循環していると考えられています。





●気(き)

●血(けつ)

●水(すい)





気は「生理・代謝エネルギー」、血は「内臓に栄養や酸素を届ける血液とその役割全般」、

水は「リンパ液を含む体内の生理・代謝等に必要な水分全般」と考えると

わかりやすいかと思います。







某養命酒の宣伝でも(全然某になってませんが)

「気血のめぐりを良くする」と言うことを言っていますが





「すみずみまで血行改善」



「体の内から温める」



「体調を正常に整える」





など、効能のベースは





「血流を良くし、薬効成分を体内にくまなく送り届け

 代謝を活発にして体を温める」





ということが養命酒のHPには書かれています。











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&445m5









●血=内臓に栄養や酸素を届ける血液とその役割全般



●気=生理・代謝エネルギー





ですから、まさにこの2つ「気血のめぐり」を大切に考えているのが

養命酒というわけです。







こうした「薬用酒」は薬膳の世界でも大切にされており







●体を温める

●代謝をあげる







ということが、「中医学」の世界でも重用視されていることが

おわかりいただけるかと思います。







こうした「気」「血」「水」がめぐるとされる「経絡」ですが

実は内臓と密接な関係にあることでも知られます。





それを示すように、経絡には「肺経(はいけい)」「大腸経(だいちょうけい)」

「心経(しんけい)」など

いわゆる「五臓六腑」と呼ばれる内臓の部位の名前が

それぞれ当てられています。





これ以外に背中の中央を走るとされる「督脈(とくみゃく)」

お腹の真ん中を走る「任脈(にんみゃく)」を併せて「十四経絡」と呼んでいます。











「ふむふむ…何かいっぱい出てきて頭がごちゃごちゃしてきそうですけど…

 経絡って言うのは内臓とつながっているんですね?



 ということは、その内臓とつながっている経絡の”上”にある”ツボ”を刺激することに

 何か特別な意味があるっていうことでしょうか??」







はい、おぼろげにそのようにご理解いただければ幸いです。







ツボは内臓とつながっています。





そのため、鍼灸、指圧、マッサージ等で「ツボ」に刺激を与えることによって

弱っているところ、バランスを崩している箇所を

健康な状態に近づける手助けになると考えられているのです。







温めることは体全体の「めぐり」を良くしますし

そのことは血液の循環を良くし、代謝を活発にします。







こうした温め効果に加えて、





「内臓とつながっているツボに対し、ピンポイントで温灸を当てて

 自宅でのホームケアとして活用できるとしたら…」











○○さん、ご興味はおありでしょうか?









次号のメールではいよいよ

「犬にお灸をするための道具に何を選んだらいいのか?」という

お話をしていきたいと思いますので

どうぞお楽しみに!









本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

役に立ってるよ!という、励ましのメールをたくさんいただきました!

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。





本日は「お礼」のメールです。







前回のメルマガの編集後記で、





>もしこのメルマガが○○さんのお役に立っていましたら

>「役に立ってるよ!」

>とメールをいただけると嬉しいです。





とお願いしたところ、たくさんの「役立ってるよ!」と言うメールを

いただきました!





ありがとうございます!!





いただきましたメールの一部を掲載OK!な方の分を

掲載させていただきます。



















------------------------------------------------------------





私にとっては とてもありがたいメルマガです。

“役立っています!”

これからも、楽しみにしています。





追伸1… 先日紹介されていた

「犬・猫に効くツボ・マッサージ」の本、すぐに購入しました。







ツボやマッサージについては 

ちょこっとだけ齧っていたおかげか、

なるほど~とすんなり読める部分が割合とあってすごく役立っています!

これからも、ぜひ!というオススメ本がありましたら、よろしくお願いします。



追伸2… お灸の話。とても興味深いです。

続きが早く読みたいです。





(fmさん)





------------------------------------------------------------



絶対に役にたってます。

知らなかった事やなんとなく知ってた事を、

きちんと理論立てて知る事ができますから。

これからも楽しみにしてます。





(レイニーママさん)





------------------------------------------------------------



いつも興味深くメルマガを拝見させて頂いております。

ひと言で言わせていただくなら

「とっても役に立ってます!!」・・・です(笑)







わたくしごとですが、現在保護犬の預かりボランティアをしていまして

素人ながらも30匹あまりの犬猫を預かって

家族を探すお手伝いをして参りました。





保護犬ですから健康体でない子の方が多いです。





シニアを預かることが多いのもありますので

加齢に伴う不調も見て参りました。





その子によって疾患も全く違い、

その都度目の前の子にとっての最良を必死に探してりる状態です。





お恥ずかしながらセミナーに行く時間もお金もそうそうなく、

ネットで情報を集めて試すのが精一杯・・。







そんな時、こちらのメルマガに出会いました。





(中略)





現在、下半身がうまく動かないトイプードルを預かっておりまして、

ドンピシャでリンパマッサージとお灸の記事で「ふむふむ」と勉強させて頂いております。





グリさんのお話で「ちょっと試してみようかな」って自分の心に引っ掛かれば、

自力で調べたりお金を出して学ぶのは当たり前ですので

どうぞこれからもこのスタンスのままで無理ない程度でよいので

情報を発信してくださると本当にあり難く思います。







何よりも嘘のない・・というか、

自社製品ばかり勧めている方には

少し疑ってかかってしまう私ですが、

本当にいいものをというお気持ちが、人柄が伝わってきます。



これからも楽しみにしております!





(akeさん)



------------------------------------------------------------





こんにちわ。いつもありがとうございます。

とても役に立っています♪







今回の犬のお灸のお話、すっごく楽しみにしていたので、

うれしく読ませていただいています。

ホントに色々勉強になりますし、色んな勉強されているんだなあ!!と

いつも感動しながら読ませて頂いています。





お香もアロマにも役に立つし、自分の気持ちや身体にも大きく作用しますよね。

いいプレゼントももらえたようだし、より励みになりますよね♪



私もワンコの為に少しでも犬の身体や心の事に知識を得られればと思っております。

ぜひこれからもたくさんの情報をよろしくお願い致します。



(ららさん)







------------------------------------------------------------





Naokoさんこんにちは。さくやです。



>(イタコじゃあるまいし…)



大共感です!!!



すいません、鼻息荒くなっちゃいました!!!





Naokoさんのぐり通信は、犬を飼っていないわたしにも

とっても役に立ってますよ!!



特にわたしなんか、エビデンスがない情報にあっさり影響されちゃうほうなので...



(このまえの界面活性剤についての記事はドッキリしました^^;)





犬はかっていないですが、これからも楽しみに読ませていただきます!!





(山口ライト 真理子さん)





------------------------------------------------------------





応援してますよー。

私なんかは、同じく忙しくしていて、

夜中にちょいちょい読ませていただいてるもので、本当に申し訳ないくらいです。





一回のメールセミナーの情報量が、余りにありすぎると、

もちろん諸橋さんもたいへんでしょうし、

私の頭もついていけません。





いつも感心なくらいお勉強されていて、知識がたくさんあって、

素晴らしいな、と思ってます。





(登武子さん)





------------------------------------------------------------



fmさん、レイニーママさん、akeさん、

ららさん、さくやさん、登武子さん!







皆さん、本当にありがとうございます。







そして、お灸の話がお役に立てているようで本当に良かったです!





「本の紹介も役立ってるよ!」





と言うメッセージもいただきましたので

今後もお役にたちそうな本があれば、

どんどんご紹介していこうと思います。

















------------------------------------------------------------



こんばんわ。

諸橋さんのメルマガとても勉強になります。



私は、いつもじっくり読み必要なことはノートに書き込みますので、

忙しい時ではなく、時間のとれる時にメルマガを読みます。

時間は自ら作るものです。と私は思います。。。







そして、最近はニコちゃん情報に癒されてます(*^-^*)

ニコちゃんかわいすぎです!ぐりさんとニコちゃんのバトルもかわいくて笑えます。

(ぐりさんに「笑い事じゃないのよっ」って言われそう?!)

これからもメルマガ楽しみにしています。





(M・Iさん)





------------------------------------------------------------





メルマガいつも楽しく読んでいます。

今のお灸の話は、興味深く次が楽しみです。

体温を暖めるといのは人間も同じですよね。

白血球の流れを良くするというのも納得なので面白く読んでいます。

人間もしてみたいと思っているので、

犬と一緒にできたらいいかなと思います。



(マオさん)



------------------------------------------------------------



諸橋先生初めましてm(__)m



まず“メルマガとっても役に立っています!”

いつも読んでなるほど・・・と思うばかりでメッセージを書いたことはなかったのですが、

“メルマガ長い。・・・”の方がいたということで、

拙いメッセージですが書かせていただきました。





正直私は無料でいいの?と思ったくらいです。

とっても毎回嬉しくてありがたくて♪





1月の東京での“ペットのための東洋医学講座”も受講しました。



お薦めの本も購入したり色々犬だけではなく

自分自身の食生活も更に楽しくなりました。



まだお灸は試していませんがとっても興味があるので一緒にやってみたいです。

いつもメルマガ楽しみですし、

また東京で講座があれば行きたいと思います(^^♪





(anず さん)



------------------------------------------------------------





諸橋さま



ものすごく参考にさせていただいております。

メールで紹介されている本もチェックしてます!



私も指圧師なので、東洋医学は学校でも習いました。





でもさすがに犬のツボがどこにあるのかまでは教科書にはありませんでしたね(笑) 



今回のネット配信のアロママッサージの講座も受講させていただきました。

それまでも自己流で犬に指圧やレイキをしていましたが、

とても勉強になりできるレパートリーが増えました。 



これからも犬勉させていただきます。 

よろしくお願いします!





(Charley's angel cakeさん)





------------------------------------------------------------



M・Iさん、マオさん、anず さん、Charley's angel cakeさん、

ありがとうございます!!





ノートにメモまで取っていただき恐縮です!





そして我が家の2匹のラブラドールの「ぐりニコ劇場」も

セミナーなどでも



「2匹かわいいですね!」





とお声をかけていただく機会も多く

ほのぼのとした気持ちで見てくださっている方が多いのだなと

感じています。





「ぐりニコ劇場」も、編集後記などでこれからも公開して行こうと思いますので

ぐりとニコの日常を楽しみにしてくださっている皆さん、

引き続きどうぞ楽しみにお待ちいただければと思います。





犬のツボに関しても、その他のジャンルについても

私自身日々勉強中ですが、





「現在で出来るベスト」





を駆使して、今後もメルマガや有料教材、セミナーと言う形で

お届けしてこうと思います。





本当にありがとうございます。







------------------------------------------------------------



はじめまして。

フローラママと申します。





メルマガ、ブログ、フェイスブックといつも楽しく読ませて頂いております。

我が家のフローラもキャリアチェンジ犬で3歳半になります。

龍号の孫娘になります。龍くんはご存じでしょうか?





私は長年気功をやっておりまして

(母が教室をいくつか持って伝え手をしております)

自分自身の健康の為にはもちろんなのですが、

動物に気功が効くのを実感しております。







まだまだフローラは健康そのものなのですが、

目に疾患がありまして、たまぁに母が気で手当てしてくれるのですが、

気持ちよさそうにだまってさせております。





近所のシニアワンコも母の手当てで呼吸が楽になったりします。

お灸も気持ち良いですね。必要になったらフローラにもぜひ

体験させてあげようと思っております。



無料なのに中身の濃い内容いつもありがとうございます。

私も仕事を持っておりますので講習会などになかなか参加できないのですが、

これからもいろいろ勉強させて頂きたいので、よろしくお願いいたします。



(フローラママさん)



------------------------------------------------------------





フローラママさん、ありがとうございます!



龍くん、PW通信等でお名前を見かけたことがありますよ。

ガイドドッグオープンデーでもたくさん龍くんの子供たちに会いました。



(龍くん本人には会ったことがありません)





龍くんのお孫さんなのですね。





気功を受けられる環境にいる犬たち、とてもラッキーだと感じました。





お灸は人間も気持ちが良いものなので

犬のお灸も少しずつ一般的なものになって行くとよいな、と

個人的に感じています。







その他にも非公開希望で励ましのメッセージをくださった皆様、

いただいたメールはすべてありがたく拝読しております。







本当にありがとうございます!





というわけで、今日は感謝のお便り特集号としてお届けさせていただきました。

次号より、引き続き「犬のお灸」をテーマにお届けしますので

どうぞお楽しみに!





本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

お灸の温熱は犬にも「じんわり」届きます。

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。



昨日は地元のフリーペーパーの取材を受けました。











http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&443m1





この取材では、我が家の黒ラブ:ぐりに「お灸」をしているところを

写真撮影していただきました。







ということで、今日も引き続き「犬のお灸」について

お話をしていこうと思います。







前回のメルマガでは「お灸は体の芯の部分の冷えに効果的」と言うお話をしました。







では







●体の芯の部分の冷え







とは一体どういうものか?









例えば、体の内部で疾患がある場合

多くのケースでその部分は血流が悪くなってるケースが多いです。





それが、皮膚表面では無く体の「深部」だった場合

温めるというのはなかなか難しいものです。





血流が悪くなると、血液に乗って届けられる薬の成分や

酸素、栄養素なども「届いてほしい場所」に届きにくくなるという困った現象が起きますから

やはりそこを温めたい。





こうしたケースでお灸の温熱は「じんわり」届きます。





ところで「お灸」の効果は熱による温め効果だけなのでしょうか?





話はそう単純ではありません。











と、いうのは…。









「お灸と言うのは単純に、

 お灸を当てた”部分”だけを温める目的で使用されるわけではないから」







です。







お灸はその温熱で、”ツボ”を刺激して、

体全体の血行を良くする目的で使用されます。









体を全体温めることで

生き物が本来持っている自然治癒力を高め、

健康に近づけるサポートになるという考え方ですね。









「う~ん、ツボですか。

 ツボって良く聞きますけれど、一体何なんでしょう?」





「どうしてお灸はツボに据えるんですか?」





そういう疑問を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。







そこで、折角なのでこのメルマガでは

「ツボ」とは一体どういうものなのか?についても

基礎的なお話をしていきます。







そしてツボについての理解を深めていただいた上で

「犬のツボとお灸の方法」についてお話ししていこうと思います。







「能書きはいいから、このツボはこういう時に効く!って

 言うのだけ教えてよ!」





と言う方は、もう少しお待ちください。







基礎的な理論、を知っていただくことが

飼い主さんが犬にお灸をする際に、

より効果的に行うことにつながると考えているので

理論のお話もさせていただこうと思っています。







というわけで「続く」。





本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)









犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

犬の体の”深部”を温める「お灸」

○○さん、こんにちは。

Office Guriの諸橋直子です。







昨日より札幌は日中、そして夜中も

雷+ゲリラ豪雨でした。







幸い、我が家は犬、子供共に

音にはあまり反応しません。







子供は完全に雷スルーで寝ていましたし

盲導犬パピー:ニコが「何だ!?」と起きて少々がさごそしていたくらいで

その後はぐっすり朝まで寝ていましたね。







音に敏感なタイプの犬にとっては





●雷

●風の音

●豪雨の音

●花火





などで、気持ちが不安定になったり

パニックに陥るケースもあります。







そう言う犬のケアにも、今日お話しする「犬のお灸」は役立ちますから

ぜひご家庭でも取りいれてみてくださいね。









さて、「犬にお灸」というと「熱いのでは?」と誤解されるケースも多いです。







そもそも「お灸を据える」という言葉があるくらいですから

ご自身も実際にお灸を体験したことの無い飼い主さんの場合は

なおさらそう感じられることと思います。









では…実際にはどうなのでしょうか?





















http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&442m1









これは実際に私がこのメルマガを書きながら

左手の「合谷(ごうこく)」というツボにお灸をしているところです。







「合谷」は様々な効能を持つ万能のツボとも言われますが

その効果の一つに





パソコンの操作、文字を書くことによる疲れ痛みを和らげる」





というものがあります。







なので仕事の最中に「何だかちょっと疲れたな…」と感じたら

自然にこの「合谷」を押したり、お灸をしているという感じですね。







ちなみにお灸をしている私の左手は、痛くも痒くもなく

もちろんですが、熱くもありません。







そもそも、熱かったりしたらメルマガを書いたりできませんしね。







そして、お灸をすることで体もポカポカと温まってくるという体感があります。







私自身、実際に自分の体でこうしたことを体験しているので

犬にもよいものだと思うのですが

でも実際に「治療のプロである獣医師」の視点から見たらどうなのだろう?と感じて

実際に質問してみたことがあります。





東洋医学や代替療法を積極的に取り入れている獣医師の先生に





「先生は犬のお灸をどう思われますか?

 健康増進に効果的だと思われますか?」







とセミナーで質問してみたところ







「すごくいいと思います。

 特に体の”深部”を温めるのにすごく効果的だと思いますよ。

 普段から健康増進のために取り入れるのはお勧めです」







と言うお墨付きをいただくことができました。







体の”深部”の冷え、というのはなかなかアプローチが難しいのだそうです。







そう言うケースにも、お灸はかなり有効だとのこと。









では、「身体の深部の冷え」というのは

一体どういったものなのでしょうか?







これについては、次号のメルマガで引き続きお話ししていきますね。











本日は以上です。









ドッグホームケアセラピスト

諸橋直子







(終)



犬の手作り食メールセミナーに登録する!
★犬の手作り食の基本についてわかりやすく解説した8日間の無料メールセミナーを配信しています!★今なら「犬の栄養学基礎知識e-book」を無料プレゼント!!→ご登録はこちらから!



Office Guri
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。